4月16日から、ごはん日和の豚肉は、京都ぽーくへ。

2018年04月14日

京都府が、「京のこだわり畜産物生産農場」として登録し、快適な環境で豚たちをのびのびと育てている「京丹波日吉ファーム」さん。ここの豚肉は、5年連続で最高位の農林水産大臣賞などの賞を受賞しています。

今回、ごはん日和は、日吉ファームさんの、「京都ぽーく」にすべての豚肉を切り替えることを決断いたしました!

「京都ぽーく」は、京都府畜産技術センターが3種類の優良系統豚を掛け合わせ作り上げた京都府独自の銘柄豚です。

これらの豚は、緑豊かな、京都丹波の自然の中で特別な飼養管理マニュアルに基づいて育てられ、特に肉質を良くするために、栄養豊富な大麦を配合した指定飼料を用い、じっくりと時間をかけて育てられ、柔らかくひきしまった豚肉に仕上げられています。

豚肉の仕上げ時期には、抗生物質を一切使用していないため、安全でおいしい豚肉として高い評価を博しています。

ごはん日和では、4月16日から、使用するすべての豚肉をこの安全でおいしい「京都ぽーく」に切り替えます。

そして、さらに美味しく、安全なお惣菜、お弁当を作ってまいります。京都ぽーく