京都大原百井夢農場さん

京都市内を北東に進み、大原三千院を右手に通り過ぎると

本格的な山道が始まります。

ヘアピンカーブに身を任せ20分位離合も

難しい道を走ります。

すると、思子淵神社を祀る、百井村の集落が

目の前に開けるのです。

昭和の中期にタイムスリップしたような、

風と光と水が現れます。

平均年齢70歳以上の村民17名と一緒に

有志のメンバーが村を盛り上げようと1000坪の敷地内で

安曇川の源流の清澄な渓流を利用したわさび作り、

豊かな水と光をふんだんに使った野菜作りに励まれています。

ごはん日和では、サラダほうれん草・絹さや・ミディトマト

えんどう豆・オクラなどを作っていただいています。

市内より5℃位気温が低いので収穫時期が市場とはずれますが、

美味しさと安心感は格別です。

えんどう豆など、生で食べても甘くて感動します。

同じこだわりを持つ契約農家さん達と、ごはん日和はタッグを

組んでさらに美味しく、安全なお惣菜を作っていきます。

111041035086